So-net無料ブログ作成
ドラマ ブログトップ

「アイシテル ~海容~」,最終回を迎えました。 [ドラマ]

少年清貴くんを殺害してしまった少年,智也くん。家庭裁判所調査官の富田さんにそっと促され,少しずつ事件の概要を話し始めます。
そして,家庭裁判所の審判廷において智也くんの書いた日誌が公開され,これまで智也くんの心に秘められていた事件の動機などが明らかにされました。

母を想うあまりに,母を,家族を「ヘンだ」と言った清貴くんを,時の感情に任せて殺めてしまった智也くん…。ホームレスのおばさんに抱きつかれた事件以来,母さつきへは拒絶感を持っていたと想っていただけに,この動機には驚然とするとともに,胸に熱いものを感じました。

審判の結果,智也くんは自立支援センターへ送られ,そこで一年間を過ごすことになります。
さつきとの別離で,智也くんは母さつきに抱きつきたい腕を,躊躇し堪え,断念する。母のために殺人を犯した少年は,また母を想って,母に甘えるのを堪えるのでしょうか。智也くん,見た目も大人っぽいですが,精神年齢も高い設定なのでしょう。気持ちを抑えたまま,施設に向かう車の中で一人涙します。本番組中,こうした智也くんの表情を見るのは初めてのような気がして,また熱いものがこみ上げました。


さて,一年が経過し,智也くんは社会に復帰します。しかし,やはり学校などにはもちろん,家族にもすんなりとは融け込めない様子…。
両親や祖母が気にかける中,智也くんはその心情を吐露。

「僕は,生まれて来ちゃいけなかったんだ!」

母さつき,この言葉にカッとなって,智也くんの頬を強かに打ちます。そして,涙ながらに我が子を抱きしめて,ドラマのタイトルともなっている大切な言葉を紡ぐのでした。

本作品は,前編を通して家族愛をテーマとして描かれていますが,このシーンにあって智也くんが母さつきから感じていた拒絶の壁が打ち崩され,また家族に戻れたのだろうと思いました。翌日,智也くんは父和彦が買ってきた服を着て,さつきに久方ぶりの挨拶をして学校に行きました^^


そして,さらに一年後。
智也くんに弟が誕生します。新たな命の誕生を目の当たりにして,自分が奪った「命」というものの尊さを思い知った智也くん。被害者の母聖子が願っていたよりずっと早く,智也くんは命の重さを知るのでした。

最終的には,被害者家族も自分たちが前に進むために,子供が殺された事実を受け入れ,認容したかたちとなりました。聖子は同じ母としてさつきの苦しみを理解し,さつきの気持ちを酌み取ります。


終わってみて思うのは,加害者も被害者もこのように苦しむ事件が現在も起こり続けており,自分もまたいつでも加害者に,また被害者になり得るかも知れない事実。我が事に置き換えて考えると,慄然とします。

嗚呼願わくば平穏な日々…。


ドラマも見終わったことなので,いよいよ原作の方を読もうかなぁ。


アイシテル~海容 後編 (2)

アイシテル~海容 後編 (2)

  • 作者: 伊藤 実
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/03/06
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

アイシテル ~海容~ [ドラマ]

稲森いずみさんが主演されていることから,関心を持って見始めたドラマです。
自分の子供が,他人の子供を殺してしまう…。とても重いテーマに挑んだこの作品

殺人犯の親となってしまった稲森いずみさん演じる母親「野口さつき」が,贖罪のために葛藤する物語です。

週を追うごとに救いがなくなっていく印象の本作でしたが,5月20日放送では被害者の姉「美帆子」から「あんたも死んでみれば」と怒気を孕んだ言葉を投げつけられ,さつきの配偶者である「和彦」が仕事が見つからない焦燥感と絶望感からトラブルを起こし警察の世話になり,さつきの妹「彩乃」もまた事件が原因で婚約を破棄され…。ついにさつきは,道端で倒れてしまう。


子供が子供を殺害するという事件は,自分の身にも現実に起こりえる話なだけに,とても感情移入してしまいます。加害者側になっても被害者側になっても,その苦しみは尋常なものではないでしょう。もしもそうなってしまったとき,私はさつきのように立ち振る舞えるか…考えただけで身震いがする想いです。


物語は,この上ないどん底の体を見せながらも,少しずつ明るい兆しが垣間見えてきてはいます。最終的には,サブタイトルにもなっている「海容」の示すとおり,すべてが許されるのか…。


本作,キャストの方々が素晴らしく,主演の稲森いずみさんをはじめ山本太郎さんや佐野史郎さんなど,これまでも様々なドラマ等でお顔を拝見してきた方々ばかり。また,加害者の少年「智也」を演じている嘉数一星くん,難しい役所を本当にきめ細やかに演じていて,思わず引き込まれてしまいます。


原作のコミックが単行本化されているようですが,いま結末を知ってしまうわけにはいきませんので,本ドラマが完結した暁には改めて読みたいと思っています。



アイシテル~海容 前編 (1) (KCデラックス)

アイシテル~海容 前編 (1) (KCデラックス)

  • 作者: 伊藤 実
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/03/06
  • メディア: コミック



タグ:アイシテル
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
ドラマ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。